施設説明

施設説明

施設の特徴

■国内で最も実績があるストーカ焼却方式を採用し、安全で安定した施設を目指します。

■高温高圧ボイラーと高効率タービンを採用し、余熱利用による発電を行います。

廃熱利用のプロセス

 

■厳しい自主排ガス基準値を設定し、環境負荷のさらなる低減を図ります。

  単位 自主基準値 <参考>法規制値等

ばいじん

g/㎥N 0.005以下 0.08以下
塩化水素(HCI) ppm 10以下 約430以下
硫黄酸化物(SOx) ppm 10以下 約890以下
窒素酸化物(NOx) ppm 40以下 250以下
ダイオキシン類 ng-TEQ/㎥N 0.01以下 1.0以下
水銀 mg/㎥N 0.03以下 0.03以下

■災害に対応した設備・体制を備え、災害時もごみ処理を安定的に継続できるようにします。

処理フロー

処理フロー